モチベーションという概念は、希望につながっていなければならない

懐かしいかき氷に感激しました

私は小さい時に、食べたかき氷について、今でもはっきりと覚えています。それは、近所の駄菓子屋さんで夏になると、作っていたものです。そこのかき氷は、とても美味しかったので、いつも夏になると、そこに行っていたべていたのでした。同じような年代の子供たちも、そこのかき氷について、私と同じようにファンだったので、そこはいつも夏になると、子供たちでいっぱいになっていました。
そしてそこの美味しいところは、夜店などで売っているものと違っているのです。それは、まず氷に違いがありました。大きな透明の氷を使用して作っていたので、とてもサラサラで、きめが細かい氷となっています。また、その氷でかき氷を作る機械にしても、古いものだったので、他の店では味わうことができなかったのです。
キレイモ新宿はこちら
そのため、そこで作ったかき氷を食べることが、夏になると楽しみにしていたことでした。友人が遊びにきた時も、そこのかき氷の美味しさを感じて欲しいと思って、連れて行って一緒に食べたのでした。友人もこんなに美味しい物は食べたことがないと感激をしてくれたので、私としても嬉しかったと感じていました。